大会ヒストリー


第1回大会 中日女子20キロロードレース

公認豊橋マラソンコース

日本初の公認女子20kmレースとして行われたこの大会が、名古屋女子マラソンの始まり。佐々木七恵が序盤からの独走で初代女王となった。女子長距離界は七恵の時代に。

この大会の結果 1位 佐々木七恵 岩手盲学校教 1:16:10
2位 佐野貴子 岡崎ストライダースク 1:19:57
3位 鈴村和代 トヨタ自工 1:21:22


第2回大会 中日女子20キロロードレース

公認豊橋マラソンコース

田中三恵、金子るみ子が終盤で激しいデッドヒート。 勝負はトラックに持ち込まれ、ゴール200m手前でスパートした田中が逆転優勝を飾った。

この大会の結果 1位 田中三恵 大阪体育大 1:17:50
2位 金子るみ子 順天高 1:18:05
3位 栂尾久子 東女体大 1:18:32


第3回大会 国際招待中日女子20キロロードレース

名古屋公認コース

会場が豊橋から名古屋の都心部をめぐる新しい公認コースに。レースはキャシー・トーミー(米国)がわずか3秒の差で増田明美を破って優勝(記録は1:06:52)。 トーミーと増田の記録は当時世界最高だった。

この大会の結果 1位 C.トーミー アメリカ 1:06:52
2位 増田明美 成田高 1:06:55
3位 M.オッコナー ニュージーランド 1:09:03


第4回大会 国際招待中日女子20キロロードレース

名古屋公認コース

並み居る外国勢を相手に気を吐き、2位に入った佐々木七恵の力走は、前回の増田とともに、”日本に佐々木、増田あり”の感を世界にアピールした。 優勝はエレン・ハート(米国)

この大会の結果 1位 E.ハート アメリカ 1:08:58
2位 佐々木七恵 ヱスビー食品 1:09:00
3位 A.ロー ニュージーランド 1:09:28


第5回大会 名古屋女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

同年のロス五輪で女子マラソンが正式種目となるのを機に、本大会もフルマラソンに。 レースは終盤からグレニス・クイック(ニュージーランド)が独走し、名古屋の女子マラソン初代女王となった。日本勢は浅井えり子が2:38:31で4位に。

この大会の結果 1位 G.クイック ニュージーランド 2:34:25
2位 E.ハート アメリカ 2:37:24
3位 M.イランズ ベルギー 2:37:57
Gold Sponsor
Silver Sponsor
Official Sponsor
Official Supplier
Organizer