0000000

大会ヒストリー


第6回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

正式に”国際”が大会名に載り、東京、大阪の両国際女子マラソンと肩を並べた。このレースを最後に現役を退いた佐々木七恵が、クイックの2連覇を阻み、鮮やかな花道を飾った。

この大会の結果 1位 佐々木七恵 ヱスビー食品 2:33:57
2位 G.クイック ニュージーランド 2:34:03
3位 N.ドレイク ニュージーランド 2:36:00


第7回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

カトリン・ドーレ(東ドイツ)が2時間30分を楽々と切って優勝。日本勢も宮原美佐子が4位に入るなど健闘したが、世界との差は歴然。日本の女子マラソンにも耐久レースからスピードレースへの移行が課題に。

この大会の結果 1位 K.ドーレ 東ドイツ 2:29:33
2位 G.マルティンス 東ドイツ 2:32:38
3位 N.ドレイク ニュージーランド 2:38:46


第8回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

小島和恵、山下美幸、荒木久美のニッポン3人娘が大活躍。なかでも小島は初マラソン日本最高記録(2:34:59)をマークして2位に入った。レースはカーラ・ビュースケンス(オランダ)が桁違いのスピードで優勝。

この大会の結果 1位 C.ビュースケンス オランダ 2:28:27
2位 小島和恵 川鉄千葉 2:34:59
3位 M.ヤコブセン デンマーク 2:35:37


第9回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

第1回アジア選手権を兼ねたこの大会は、名古屋にマラソン留学中の趙友鵬(中国)が2度目のレースで快走、大会新・アジア最高記録で優勝。名前の読みから”超UFO”と話題に。

この大会の結果 1位 趙 友鳳 中国 2:27:56
2位 C.ビュースケンス オランダ 2:28:58
3位 B.シュテファン 東ドイツ 2:29:19


第10回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

趙友鵬が期待通りの安定した走りで2連覇を達成。石倉あゆみと山下佐知子が3、4位に入り、日本女子マラソン界に明るい希望をもたらした。

この大会の結果 1位 趙 友鳳 中国 2:28:20
2位 M.ブイスト ニュージーランド 2:29:09
3位 石倉あゆみ 京セラ 2:34:02
Gold Sponsor
Silver Sponsor
Bronze Sponsor
Official Timer
Official Bread
Official Sponsor
Official Supplier
Official Photo Service
Official Supporter
主催