大会ヒストリー


第11回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

ワンダ・パンフィル(ポーランド)が序盤から安定しら走りで、一度も首位を譲らず独走でゴール。日本勢も、荒木久美、浅井えり子が2位、3位に入る大健闘を見せた。

この大会の結果 1位 W.パンフィル ポーランド 2:31:04
2位 荒木久美 京セラ 2:32:32
3位 浅井えり子 日本電気HE 2:33:40


第12回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

山下佐知子、アウロラ・クーニャ(ポルトガル)、リュドミラ・メリチェロア(チェコスロバキア)の3人によるデッドヒート。山下が終盤、スピードを生かし抜け出すと、自己最高を2分15秒も更新する会心の走りで優勝。この走りが世界選手権(東京)銀メダル獲得へとつながる。

この大会の結果 1位 山下佐知子 京セラ 2:31:02
2位 A.クーニャ ポルトガル 2:32:12
3位 L.メリチェロワ チェコスロバキア 2:33:24


第13回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

大江光子、谷川真理の終盤での一騎打ちは、ラストスパートでのスピードに勝った大江が大逆転に成功し、優勝。外国勢が総崩れの中、上位4位までを日本勢が独占した。

この大会の結果 1位 大江光子 NISSAY 2:31:04
2位 谷川真理 資生堂 2:31:09
3位 浅井えり子 日本電気HE 2:31:42


第14回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

40km過ぎでカミラ・グラドゥス(ポーランド)が粘る松野を振り切り、大会新記録でゴール。レース前、引退説が流れていた松野の見事に復活、2位に入る健闘を見せた。

この大会の結果 1位 K.グラドゥス ポーランド 2:27:38
2位 松野明美 ニコニコドー 2:27:53
3位 R.ブラングロワ ロシア 2:28:03


第15回大会 名古屋国際女子マラソン

公認名古屋マラソンコース

マラソン33度目の浅井えり子が、国内三大マラソンで初めての優勝を飾った。また、強豪外国勢の中で、一般参加の馬込愛子が4位と大健闘を見せた。

この大会の結果 1位 浅井えり子 NEC・HE 2:30:30
2位 R.ブラングロワ ロシア 2:31:12
3位 A.リビッカ ポーランド 2:31:43
Gold Sponsor
Silver Sponsor
Official Sponsor
Official Supplier
Organizer