大会ヒストリー

大会ヒストリー


名古屋ウィメンズマラソン2020

東京五輪最終選考レースとなった本大会。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、エリートのみの開催となった。大会史上初めての形で迎えた当日は、朝から強い雨の降る悪天候。そんな状況の中、一山麻緒(ワコール)が女子単独マラソンのアジア記録(兼大会記録)となる2時間20分29秒という圧巻のタイムで優勝し、最後の東京五輪代表切符を掴み取った。次いで、2017年大会でも躍動した安藤友香(ワコール)が40km過ぎにピュアリティー・リオノリポ(ケニア)を振り切り2位でフィニッシュした。初マラソンとなった佐藤早也伽(積水化学)は最後まで先頭集団に食らいつき、5位入賞という見事なデビューを果たした。

この大会の結果 1位 一山麻緒 ワコール 2:20:29
2位 安藤友香 ワコール 2:22:41
3位 ピュアリティー・リオノリポ ケニア 2:22:56


名古屋ウィメンズマラソン2021

「名古屋ウィメンズマラソン」となって10回目となる記念大会は、前回同様にコロナ禍での開催となり、ウィメンズマラソンへリニューアル後、初めて国内選手のみでのレースとなった。強風が吹く中でスタートしたレースは、初出場の松田瑞生(ダイハツ)と前回大会で鮮烈デビューを飾った佐藤早也伽(積水化学)が序盤から飛び出した。その後も2選手の一騎打ちが続いたが、中間点過ぎに仕掛けて独走態勢に入った松田が、ペースメーカーが外れた後もペースを維持し、自己ベストに4秒と迫る2時間21分51秒で優勝した。次いで、佐藤が2位を守り切りフィニッシュ。マラソンデビューとなった松下菜摘(天満屋)が3位の好成績を残した。

この大会の結果 1位 松田瑞生 ダイハツ 2:21:51
2位 佐藤早也伽 積水化学 2:24:32
3位 松下菜摘 天満屋 2:26:26
Gold Sponsor
Silver Sponsor
Bronze Sponsor
Official Timer
Official Bread
Official Sponsor
Official Supplier
Official Photo Service
Official Supporter
Organizer